チープな中華ポケバイをいじり(笑い)たおす。 Pocket bike race n' RC blog in Australia

2017/051234567891011121314151617181920212223242526272829302017/07

* 新着エントリー *

 ・05-30  ※和ポケ
 ・05-05  ※大統領はカエルだった!
 ・03-24  ※こりゃ面白い、アキエリークス
 ・03-17  ※最新縦キャブ入荷しました。
 ・03-04  ※ズークのお値段
            

和ぽけも安くなりましたね。
最近バイクに乗ってませんが安く売ってると買ってしまう。
いつかサーキットに復活する日を夢見て。

IMG_0655.jpg
縦キャブ入荷しました。
オーバーフロー、燃調不良、エンジン不調の最大の原因であります
中華ノーマルキャブ。ホンと苦労させられますね涙

こちらの縦キャブはポン付で上記の悩みを全て解消した上に
パワーUPもはかれると言う夢のキャブ。(ちょっと大げさ
商店イチオシの品です。



IMG_0422.jpg

チョーク付きとなり、始動が楽になりました。
ただしチョーク部分の口径が少し狭いので
最高パワーを引き出したい場合はチョークレスが
よろしいかと思います。

IMG_042s1s.jpg

IMG_041s9s.jpg

ご注文は此方からどうぞ。
よつむら商店
http://yotsumura.cart.fc2.com/
昔程度良しのモトコンポ5万で売ってたので買おうかなあ、
で止めました。デビュー当時不人気車だったの知っていたので
5万だす気になれませんでした。当時シティっていう車に
積むのに開発されたのを覚えています。
ホンダ宗一郎さん始め社員さんは遊び心満載でしたね。

でも実際ハッチバック車に豆バイクを積むのは面白いですが、
ガソリン積んだ物を小型車に出し入れしたくないですよね。

最近ではモトコンポ美車ですとネットオクで15万円するそうです。
欲かいた業者はズークも8万円とかで売りに出してます。ムリムリ
美車でもその半分以下でしょうね。
後ろタイヤは1サイズ大きくなってました。
見た感じ前タイヤは買った時のまま。
走行距離にして7000km位でしょうか。

スークは本来塗装でなく樹脂の色のまま、そして
その樹脂は白化したのが多いですがこの車体、
どう見ても塗装。そして自家塗装には見えない。
ベースの樹脂jは純正のカラーでもない。
不思議な車両です。

そしてお決まりのシートのヤブケ、フレームの腐食、
タンクの腐食もありません。一か所ボディに割れがありますが
その他はかなりの良い状態。マフラーさえも錆びていない。

貴方はどこに居て、どうやって今まで暮らしてきたの?
と部屋で話しかけました。(あぶない

不思議なほど綺麗なホイール。
IMG_0380.jpg
寒いですね。
外でバイク弄りはつらいです。
私部屋に上げて整備しちゃいます。
座敷スクーター。ズークは軽くて小さいので上げるの楽々ですね。

IMG_0379.jpg

不動車買ってきました。初爆あり、の品でした。
写真で見る限り欠品もなく、オリジナルタイヤも見えたので
即決しました。売主修理断念した様子。

「何処から手を付ければ始動しますかね?」と
ストレートに聞いたところ一瞬の間を置いて、
「キャブはOKだけどガソリンが中まで来てない様子。」
その一瞬の意味は多分厄介な面がほかにあり諦めた、
と推測しちゃいました。
車検切れ数日前で焦っていましたが何も問題なくパスしました。
費用は総額34000円とちょっと。
自賠責がなぜか前回より2000円程下がっていました。
このご時世で値下がりってあるんですね。でも上記料金のほとんどは自賠責分です。

さてユーザー車検ですが、もし平日時間が取れて最安で更新したい人には
お勧めです。代行業者に頼む場合、最低でも1万数千円、
上は3万円程の手数料でしょうか。
勿論部品交換、修理が必要ない場合のケースです。

ネットで格安をうたってる所はよーく読むと半年前の予約、前回も利用した、
割引クーポンを使う、とか面倒なカラクリを使っての格安でした。
あと料金内訳が代行用、手数料、整備料、点検料など紛らわしいですが、
頼む前に、絶対必要な34000円ちょっとにいくらお宅に払うのか?
と聞くと良いですね。
さて本番です。
書類ファイルを持って検査場に車を進めます。
第一のチェックは書類を見られます。あと数日で切れる旧の保険証書も必要でした。
係に指示されエンジンの掛かったまま、

シートを上げエンジンルームのチェック
不要な荷物が載っていないかチェック。
この時作り付けの棚(たぶん純正品)を調べられましたがパス。
ハンドルのガタツキを係が左右に振ってチェック。

運転席に座らされ、
ウォッシャー&ワイパーテスト
スモールライト、ライト、パッシング、ウインカー左右、クラクション、
後ろに回ってウインカー、リバースランプ、ハザードやりました。

車をちょっと進めて排ガスチェック。
テールパイプに計測の棒を突っ込まされ(ユーザーが突っ込みます)
数値が出たら完了。

次は横滑り?計測器みたいのありましたがこれは通過(貨物車だから?)
その次はローラーの上に乗って、40Kmhまでの加速とパッシング、そしてブレーキ急ブレーキ、
ハンドブレーキ、マシンによるライトの光軸チェックでした。

そして最後のアトラクションに進みます。
エンジンを切り乗ったままリフトで持ち上げられます。まんまアトラクション笑
子供が乗れたら楽しいでしょうね笑

ハンドルを左に一杯切り、微妙にゆすってガタのチェック。
その間に係は小ハンマーで下部を叩いて回ってます。
多分ブレーキパットとかも見てるのかも。
次にハンドルを右に一杯切り、またゆすり。
リフトを降ろされたらエンジンをかけて、ハイ終了。あっという間でした。

注意事項 4
空荷が基本です。余分なタイヤとか入れてなくてよかった。
ちょっとガラクタがあったのがみっともなかった感じ。
ホイルキャップは外します。ハンマー叩きが出来ないので。
いちいち 「初めてでーす」 と言うほうがお互い楽です。

後記:
タイヤのサイドにすこーしヒビが入ってましたが問題無し。
タイヤ半山でしたがまだスリップサインまでは
いってないので問題なし。
あとオイル上がりっぽいエンジンでオイルを消費気味で、
もしかしたら排ガスで引っかかるかな、は心配要らなかったです。
軽のユーザー車検をお送りしております。

正面看板に 初めての方は0番窓口へ、とありました。
手順は、

現在の車検証、納税証明、保険証書を持っていく。
(身分証明は要らなかった。)
書類を渡され自賠責、税金、手数料を払わされる。
書類を記入する。
その際鉛筆書きの部分がある。
走行距離も書く。
記入した書類を持って5番窓口へ行ってから検査場に車で向かう。

私は念のため検査場を見学しました。
係は二人で、工程は4つ程でした。

注意事項 3
窓口や係には”初めてでーす”とにこやかに行きますと親切に対応してくれます。
私はツナギ服が普段から好きなのでこの日着ていきましたら
業者と思われて説明を省かれてちょっと戸惑いました。

つづく